ピンホールカメラ展episode17

画像


メインの電車の制作に入ります。
バルサの板をどんどんと貼付けていきます。

画像


部品を作っていきます。

画像


カメラの裏蓋は、二重構造にする事にしました。

画像


完成してからでは間に合わないので、実はこの状態で、撮影を行いました。
その際、蝶番の釘が緩んではずれたりしちゃいました。
後から補強をいれてあります。

画像


貼ったり削ったりを繰り返します。
何となく形ができてきました♪

画像


できるだけ角をどんどんと落としていきます。

部屋は、木屑の粉まるけです・・・

ピンホールカメラ展episode15

画像

4×5のフィルムを、フォルダーに装填をします。
作業は、暗室で行います。
おたまじゃくしに暗室はないので
夜になってからトイレの中で電気を消して作業をおこないます。

フィルムは、ノッジと呼ばれている凹みがついているので
その位置を確認して、フォルダーに装填していきます。

創作ピンホールカメラとその写真展6の告知です

創作ピンホールカメラとその写真展6
画像

画像


会期:2009年5月27日(水)~ 6月1日(月)
午前11時-午後7時
会期中無休
(最終日は午後5時まで)

会場:国際デザインセンター4階 デザインギャラリー


27日の18時から(~19時半頃までです)
オープニングパーティがあります。
なるさわもおります。
皆さん遊びにきてくださいませ♪

※今回のDMは、過去5年間に参加者の皆さんが
制作されたカメラ達です

ピンホールカメラ展episode12

画像


クロく塗ったMOのディスク部分へ
ピンホールの銅板をセットする台を作ります。
ここに銅板をセットして、MOのケースにはめていきます。

画像


去年買って使わなかった、クロい粘土が役に立っています。
後で塗らなくても良さそうなので、カメラ内部の隙間埋めや固定に使用します。


画像



画像


MOのバネを戻して組み直して、シャッターの完成です。

ピンホールカメラ展episode10

画像

サイズを整えた部品を、組み立てていきます。
木工ボンドで貼り合わせていきます。

画像

寸足らずは、寸法合わせの補材を貼付けてあります。

画像

去年使ったクッション材がまだ余ってました。
これを両面テープで貼付けます。

画像

箱の形がだいたいできてきました。
補強用に適当に釘を打っておきます。

ノリタケの森

画像


先日、ノリタケの森ギャラリーに行ってきました。
シルバーアクセサリーを作って見える作家さんの個展を拝見してきました。
ついでによったノリタケの森の公園です。
初ノリタケでした。
もう夕方でしたが、ちょっと散歩もしておきました。
何やら煙突みたいな物があったです。

エコな生活

画像


エコに関するお話の挿絵イラストを描かせていただいています。
初回はウルトラ警備隊のお話でした。

バランス

画像


先日、会計事務所の事業案内を作らせてさせていただきました。
貸借対照表・・・難しい言葉ですね。内容はもっと難しい・・・。
そんなバランスシートの言葉から、経営のバランス、需要と供給の均衡であったり、
資産運用のサポートを表紙のイメージにさせていただいています。
税理士の先生もイラストにしてみました。

ピンホールカメラ展episode03

画像


先日、やっとできた図面を持って
知り合いの木工所さんへ木材の切り出しをお願いしてきました。
ところが予定していた6ミリのいた材がないようで
5.5か9ミリならすぐできるといわれました。
仕方がないので9ミリに予定を変更する事に。
その場で計算をし直してお願いをしたのですが、この計算がとても大変で・・・。
やはり、一度戻ってちゃんと計算をし直しておくべきでした。

2008年のピンホールカメラepisode06

画像


さて、いよいよ、フィルムをセットしてテスト撮影です。
装填は、夜中に電気を消したトイレの中で手探りで行います。


画像



撮影場所にピンホールカメラをセットしました。


画像【晴天/120秒】


画像【晴天/60秒】



テスト撮影は、シャッター開放時間60秒と120秒。
現像をしたフィルムは真っ白け。
どうも撮影が長過ぎたようです。
露光計も何もないのでこのテスト撮影の当てずっぽうな時間だけが、
本番の撮影の目安になります。

でもこれで本当に撮影ができる事を確認。問題は。露光の時間だけの事のようです。

2008年のピンホールカメラepisode05

画像


一番肝心なピンホールのいぶし作業。
銅板に0.3ミリの穴を針で開けて、ヤスリがけ。
その後に、この銅板をいぶし液で黒くいぶしていきます。


画像



シャッターの設計。今回は、黒いプラ版で作成します。


画像



なんだか分かりづらいですが、シャッターです。



画像



カメラ本体に取り付けた状態です。

WBC

画像


WBC日本優勝ですね。
普段、野球はほとんど興味がないのですが、決勝戦には感動致しました。

桜のほころびかけたこの時期に、激しく寒の戻り中ですね。
でもこの寒さを抜けたらいよいよ春ですね。
さぁどんどん楽しく頑張りましょう!

2008年のピンホールカメラepisode03

画像


フィルムケースの枠ができました。

画像


補強用に虫ピンをカットして打っていきます。
板が3ミリですと、小さな釘を使ってもどうしても太く思われまして、
虫ピン補強をおこなっておりました。
でも、途中で虫ピンが尽きました。近所では虫ピンが手に入らなかったので、
最終的にはちっこい釘を使用して補強をいきました。


画像


カメラ本体の組立てに入ります。まず、底部分に三脚受けを取り付けるあたりを確認しておきました。


2008年のピンホールカメラepisode01

実は昨年、時間がなくて以前のBLOGにまとめられなかったピンホールカメラのお話です。今年も、ピンホールカメラの制作に入るのですが、去年のおさらいを含めてUPしていきます。

画像



まず制作の材料の木材です。
3ミリのシナの合板を使用。カッターでも切れる薄さでの制作をしたんですが、
木材は実は知り合いの木工所さんがサイズごとに切り出してくださいました。
切りやすいのですが、この薄さがあとあと作業が不便になってしまいました。